スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語が理解できますか?2

1. 英語の読解能力が疑わしい
http://www.anlyznews.com/2011/06/blog-post.html





「~かも知れない」という可能性を現す表現を、「~だ」と断定を現す表現に変えるのは、扇動目的の意図的なミスリーディングのように思えるが、あえて池田氏の英語の読解能力を疑う事にする。
CNNの記事
Radiation from cell phones can possibly cause cancer, according to the World Health Organization.
The team found enough evidence to categorize personal exposure as "possibly carcinogenic to humans."
池田信夫氏の記事
CNNの報道によれば、WHO(世界保健機関)は携帯電話を「発癌物質」に指定した。携帯ユーザーが脳や聴神経の腫瘍にかかるリスクがあることが判明したためだ。
CNNの記事
The European Environmental Agency has pushed for more studies, saying cell phones could be as big a public health risk as smoking, asbestos and leaded gasoline.
池田信夫氏の記事
喫煙やアスベストと同等というのは大きなリスクだ。
canやpossibly、could、は、そう大きな可能性を現すわけではない。
最初の部分は、ガンを起こしうる可能性があると書いてある。possibly carcinogenic to humansは定義された用語(Group 2B)で、「ガンを引き起こしうる幾つかの証拠があるが、現在は決定的とはとても言え無い」ことを意味する(Glossary: Standard IARC classification)。WHOは発がん物質に、携帯電話から出る電波を分類していない。
次の部分は、European Environmental Agencyが、携帯電話が喫煙などと同等のリスクを引き起こすかもと言いつつ、研究を推進してきたと書いてある。WHOがそう言っているわけではない。
なお、不幸なことに英語は学術分野の共通語なので、そこそこできないと学者としては許されない。

関連記事

テーマ : 池田信夫
ジャンル : 政治・経済

tag : 池田信夫

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

PR
このブログの紹介
経済学者の池田信夫先生はブログhttp://ikedanobuo.livedoor.biz/でいろいろなことを評論されているが、言語明瞭意味不明な場合があるので、Q&A形式に書き直し、「何を問い、何に答えているのか」を明確にしようとするものであります。ブログタイトルはちょっと変ですが、検索対策です。

Author:ikedanobuoqa
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。